• 【新型コロナウイルス感染予防対策のお知らせ】
       当劇場は「映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(令和2年11月25日版)」に沿って、感染拡大予防に努めております。  詳しくは<こちら>をご覧ください。

    • 【お食事について】
       目黒シネマでは《客席内でのお食事》はご遠慮いただいております。《お食事をされるお客様はロビーをご利用ください》。ご不便をお掛け致しますが宜しくお願い申し上げます。

    • 【お酒の持ち込みについて】
       目黒シネマではお酒の持ち込みはご遠慮いただいております。ご不便をお掛け致しますが宜しくお願い申し上げます。


    now showing

    6.12sat 6.18fri

    1週間上映 

    『私をくいとめて』公式サイトへ

    【物語】 30歳を越え、“おひとりさま”がすっかり板についた黒田みつ子(のん)。彼女が一人でも楽しい生活が送れているのには、訳があった。脳内に相談役“A”がいるのだ。人間関係や身の振り方に迷ったときは、もう一人の自分“A”がいつも正しい答えをくれる。“A”と一緒の平和なおひとりさまライフ。それがこのまま続くと思っていたある日、みつ子は年下の営業マン、多田くん(林遣都)に恋してしまう。1人の生活に慣れきってしまったみつ子は、20代の頃のように勇敢になれない自分に戸惑いながらも、きっと多田くんと自分は両思いだと信じ、一歩前へ踏み出そうとするが……。「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜」の林遣都。

    【監督・脚本】大九明子
    【原作】綿矢りさ:(「私をくいとめて」(朝日新聞出版))
    【エグゼクティブプロデューサー】福家康孝

    【出演】のん / 林遣都 / 臼田あさ美 / 若林拓也 / 片桐はいり 他

    2020 / 日本 / ラブロマンス / コメディ / デジタル / 2時間13分
    ★第30回日本映画批評家大賞 W受賞 監督賞(大九明子監督) 主演女優賞(のん)

    【物語】 絶滅した動物をこよなく愛する24歳のOLヨシカは、10年もの間中学時代の同級生イチに片思い。イチとの過去を思い出しては胸をときめかせていた。これまでずっと彼氏がいなかった彼女は、突如会社の同期・ニから告白され、生まれて初めての経験に舞い上がる。しかしニとの関係にうまく馴染めず、ある出来事をきっかけに現在のイチに会おうと思い立ち、同級生の名前を騙って同窓会を計画。ついに憧れの人との再会の日が訪れるが……。芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を、「ちはやふる」の松岡茉優主演で実写化したラブコメディ。監督は「でーれーガールズ」の大九明子。恋愛経験がなく妄想に浸るヨシカを松岡茉優が、ヨシカの初恋の相手イチを音楽ユニットDISH//のメンバーで「君の膵臓をたべたい」などに出演する北村匠海が、会社の同期ニをロックバンド黒猫チェルシーのボーカリストで監督や俳優としても活躍する渡辺大知が演じる。

    【監督・脚本】大九明子
    【原作】綿矢りさ:(『勝手にふるえてろ』(文春文庫刊))
    【主題歌】黒猫チェルシー:(『ベイビーユー』(Sony Music Records))

    【出演】松岡茉優 / 渡辺大知(黒猫チェルシー) / 石橋杏奈 / 北村匠海(DISH//) / 趣里 / 前野朋哉 / 池田鉄洋 / 稲川実代子 / 柳俊太郎 / 山野海 / 梶原ひかり / 金井美樹 / 小林龍二(DISH//) / 増田朋弥 / 後藤ユウミ / 原扶貴子 / 仲田育史 / 松島庄汰 / 古舘寛治 / 片桐はいり 他

    2017 / 日本 / ラブロマンス / コメディ / ドラマ / デジタル / 1時間57分

    『勝手にふるえてろ』公式サイトへ

    上映時間

    coming soon

    6.19sat 6.25fri

     1週間上映 

    ■■■

    『バッファロー’66』公式サイトへ

    【物語】 1966年にニューヨーク州バッファローで生まれたビリー・ブラウン(ヴィンセント・ギャロ)は、5年ぶりに刑務所から釈放され、故郷に帰ることになる。ところが彼はこの5年の空白を、政府の仕事で遠くに行っていたと両親に偽っていた。そればかりか、自分は成功し、裕福で、妻もいるという嘘まででっち上げていた。このまま家に帰るわけにはいかないビリーは、ダンス・スクールでレッスン中だった少女レイラ(クリスティーナ・リッチ)を拉致し、両親の前で妻のふりをするよう脅迫する。刑務所帰りの男とゆきずりの少女の奇妙な恋愛をエキセントリックな演出で描く異色のラヴ・ストーリー。監督・主演は俳優(「フューネラル」「気まぐれな狂気」)・モデル(カルヴァン・クライン、アナ・スイほか)・ミュージシャンなど八面六臂の活動で知られるアーティスト、ヴィンセント・ギャロで、彼のデビュー作となる。脚本はギャロとアリソン・パグナル。音楽もギャロ自身が担当し、イエスの『Heart of Sunrise』、キング・クリムゾンの『Moonchild』などが使用されている。製作は「トゥリーズ・ラウンジ」のクリス・ハンリー。製作総指揮は「モンタージュ」のマイケル・パセオーネックと『I'm Losing You』のジェフ・サックマン。撮影はCMやビョークなどのMTVを担当し、劇映画は本作がデビューとなるランス・アコード。美術はギデオン・ポンテ。編集は「カウガール・ブルース」「誘う女」はじめガス・ヴァン・サント作品で知られるカーティス・クレイトン。共演は「アダムス・ファミリー1、2」「アイス・ストーム」のクリスティーナ・リッチ、「エバー・アフター」のアンジェリカ・ヒューストン、「ビッグ・リボウスキ」のベン・ギャザラ、「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のケヴィン・コリガン、「微笑みをもう一度」のロザンナ・アークェット、「レインメーカー」のミッキー・ローク、「ビッグ・ウェンズデー」のジャン=マイケル・ヴィンセント、「ポーキーズ」のアレックス・キャラス、「ユージュアル・サスペクツ」のケヴィン・ポラックほか。

    【監督・原案・音楽】ヴィンセント・ギャロ
    【脚本】ヴィンセント・ギャロ / アリソン・バグナル

    【出演】ヴィンセント・ギャロ / クリスティーナ・リッチ / アンジェリカ・ヒューストン / ベン・ギャザラ / ケヴィン・コーリガン / ロザンナ・アークエット / ミッキー・ローク / ジャン・マイケル・ヴィンセント / ジョン・サンスン / ボブ・ウォール / アレックス・カラス / ケヴィン・ポラック 他

    1998 / アメリカ / 字幕版 / ラブロマンス / デジタル / 1時間53分 / PG−12
    小学生以下のお子様が視聴する際、保護者の助言・指導が必要です。

    【物語】 1970年代、アメリカ郊外の町。数学教師と敬虔なクリスチャンのリズボン夫妻(ジェームズ・ウッズ、キャスリン・ターナー)の間には、13歳から17歳までの年子で美しい5人姉妹がいた。近隣の少年たちは皆、彼女たちに憧れていた。だが、空にヘビトンボが飛びかう美しい6月のある日、末娘のセシリア(ハンナ・ハル)が自殺を図る。さらに、新学期が始まってから、四女のラックス(キルステン・ダンスト)が学園の人気者トリップ(ジョシュ・ハートネット)と過ちを犯すという事件を起こす。美しき5人姉妹の姿を鮮烈に綴った青春ドラマ。監督・脚本は本作が監督デビューとなる「ゴッドファーザー PART3」のソフィア・コッポラ。原作はジェフリー・ユージェニデス。撮影は「エリン・ブロコビッチ」のエド・ラッハマン。音楽はフランス出身のデュオのAIR、音楽監修を「バーシティ・ブルース」のブライアン・レイツェルが担当。出演は「スモール・ソルジャーズ」のキルステン・ダンスト、「エニイ・ギブン・サンデー」のジェームズ・ウッズ、「リアル・ブロンド」のキャスリン・ターナーほか。

    【監督・脚本】ソフィア・コッポラ
    【原作】ジェフリー・ユージェニデス
    【製作】フランシス・フォード・コッポラ 他

    【出演】ジェームズ・ウッズ / キャスリーン・ターナー / キルスティン・ダンスト / ジョシュ・ハートネット / ハンナ・ハル / ダニー・デヴィート / ヘイデン・クリステンセン 他

    1999 / アメリカ / 字幕版 / 青春ドラマ / 35mmフィルム / 1時間38分

    『ヴァージン・スーサイズ』公式サイトへ

    上映時間

    6.26sat 7.2fri

    1週間上映 

    『ウルフウォーカー』公式サイトへ

    【物語】 中世アイルランドの町キルケニー。ロビン(声:オナー・ニーフシー)は、イングランドからオオカミ退治のためにやって来たハンターのビル(声:ショーン・ビーン)を父に持つ少女。彼女は森で、人間とオオカミがひとつの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになる。メーヴは、魔法の力で傷を癒すヒーラーでもあった。そしてロビンは、メーヴとある約束を交わすが、それは図らずも父を窮地に陥れるものだった。それでも、ロビンは勇気を持って信じる道を進もうとするが……。過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

    【監督・原案】トム・ムーア / ロス・スチュアート
    【脚本】ウィル・コリンズ
    【製作】ポール・ヤング / ノラ・トゥーミー / トム・ムーア / ステファン・ローラン

    【出演(声)】オナー・ニーフシー / エヴァ・ウィッテカー / ショーン・ビーン / マリア・ドイル・ケネディ / サイモン・マクバーニー / トミー・ティアマン 他

    2020 / アイルランド=ルクセンブルク / アニメーション / ファンタジー / 字幕版 / デジタル / 1時間43分

    【物語】 ジョバンニは放課後、文選工の仕事をしている。彼の唯一の友達はカンパネルラだが、最近はあまり口を聞かなくなっている。ある夜、ジョバンニは病気の母親に飲ませる牛乳をとりに行くため、一人町はずれを歩いていた。彼はいつの間にか、天気輪の丘へ来ており、気がつくと巨大な機関車が停車していた。ジョバンニが魅せられたように乗り込むと、汽車は銀の砂をまいたような星の野原へと走り出した。星祭りの夜、銀河鉄道の列車に乗って、親友と一緒に広大な銀河宇宙の旅に出かける少年の姿を描く。宮澤賢治原作の同名小説のアニメ化で、脚本は劇作家の別役実、監督は「ナイン」の杉井ギサブローがそれぞれ担当。

    【監督】杉井ギサブロー
    【脚本】別役実
    【原作】宮澤賢治

    【出演(声)】田中真弓 / 坂本千夏 / 中原香織 / 金田龍之介 / 常田富士男

    1985 / 日本 / アニメーション / ファンタジー / Blu-ray / 1時間47分

    『銀河鉄道の夜』公式サイトへ

    上映時間

    7.3sat 7.9fri

     1週間上映 

    ■■■

    『燃ゆる女の肖像』公式サイトへ

    【物語】 18世紀、フランス。画家のマリアンヌ(ノエミ・メルラン)はブルターニュのある貴婦人から、娘のエロイーズ(アデル・エネル)の見合いのための肖像画を描くよう依頼される。マリアンヌは結婚を拒むエロイーズに身の上を隠して彼女に近づき、孤島の屋敷で密かに肖像画を描きあげるが、真実を知ったエロイーズは絵の出来を否定。描き直すことを決めたマリアンヌに、モデルになると申し出るエロイーズ。キャンバスを挟み見つめ合い、島を散策し、語り合ううちに、二人は恋に落ちていった。約束の5日後、あと一筆で肖像画が完成するところまでくるが、それは別れの時を意味するものだった……。第72回カンヌ国際映画祭脚本賞およびクィア・パルム賞を獲得したラブストーリー。監督は「水の中のつぼみ」のセリーヌ・シアマ。画家のマリアンヌを「不実な女と官能詩人」のノエミ・メルランが、貴族の娘エロイーズを「水の中のつぼみ」にも出演、シアマ監督の元パートナーであるアデル・エネルが演じる。

    【監督・脚本】セリーヌ・シアマ
    【製作】ベネディクト・クーヴレール

    【出演】アデル・エネル / ノエミ・メルラン / ルアナ・バイラミ / ヴァレリア・ゴリノ

    2019 / フランス / 字幕版 / デジタル / 2時間02分 / PG−12
    小学生以下のお子様が視聴する際、保護者の助言・指導が必要です。

    【物語】 ナチス・ドイツによって約56万人ものユダヤ人が殺害されたと言われるハンガリー。第二次世界大戦後の1948年、ホロコーストを生き延びたものの家族を喪った16歳のクララ(アビゲール・セーケ)は、42歳の寡黙な医師アルド(カーロイ・ハイデュク)と出会う。クララは言葉を交わすうちに彼の心に自分と同じ欠落を感じ取り、父を慕うようにアルドに懐く。同じくホロコーストの犠牲者であったアルドは、クララを保護することで人生を取り戻そうとする。しかし、ソ連がハンガリーで権力を掌握すると、世間は彼らに対してスキャンダラスな誤解を抱くようになる。また、二人の関係も、時の流れとともに移り変わっていく……。2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリスト選出のハンガリー映画。出演は、映画初主演となるアビゲール・セーケ、本作でハンガリーアカデミー賞およびハンガリー映画批評家賞最優秀男優賞を受賞したカーロイ・ハイデュク。監督は、主に短編映画を手掛けてきたバルナバーシュ・トート。製作は、「心と体と」のモーニカ・メーチとエルヌー・メシュテルハーズィ。

    【監督】バルナバーシュ・トート
    【脚本】バルナバーシュ・トート / クララ・ムヒ
    【原作】ジュジャ・F・バルコニ
    【製作】モーニカ・メーチ / エルヌー・メシュテルハーズィ

    【出演】カーロイ・ハイデュク / アビゲール・セーケ / マリ・ナジ / カタリン・シムコー / バルナバーシュ・ホルカイ / アンドール・ルカッツ 他

    2019 / ハンガリー / 字幕版 / デジタル / 1時間28分

    『この世界に残されて』公式サイトへ

    上映時間

    7月3日(土) 〜 7月9日(金)

    燃ゆる女の肖像 10:30 14:45 18:55 〜 終映21:00
    この世界に残されて 12:55 〜 終映14:25 17:10 〜 終映18:40
    ※『燃ゆる女の肖像』18:55の回のみご鑑賞の場合は、ラスト1本割1,000円適用です。